アカメが斬る! 第19話 感想

スポンサーリンク

アカメが斬る! 第19話「因縁を斬る」感想

マインとセリューの因縁の対決が繰り広げられた「アカメが斬る!」第19話。いよいよ革命の狼煙を上げます。

一発目から全力砲撃のセリュー。不意打ちでも容赦なしです。悪を討つ正義だから問題ないのでしょう。あの激しい砲撃をすべて躱したタツミもすごいです。セリューが下手なだけかもしれないけど…。あとタツミに背負われたマインが可愛かった!

パンプキンって銃身を交換できたんですね。いままで気づかなかったけど、レーザーの時とマシンガンの時って毎回違ったのかな?交換中も待ってくれたセリューが優しいです。さすが正義。コロの回復を待ってたんだろうけど。
マインはパンプキンの反動で落下速度を落としたりするのが戦い慣れてる感じでよかった。特に最後の薙ぎ払い攻撃はカッコよかった。セリューとコロを真っ二つ。ついでに神殿まで。マインがこんなに強かったとは。
最後はセリューの自爆。なんで1分後に設定したのかわかりません。1分では逃げられない規模の爆発になるよう設定されてたのかな?マインのピンチにちゃんと駆けつけてくれたタツミはかっこいい。これは惚れてしまっても仕方ないです。ただ、目覚めてすぐインクルシオの顔があるとビックリします。

セリューはもう壊れてたし斬ってあげてよかったですね。冒頭のセリューはやたら可愛かった。あれが本来の姿でしょうか。オーガやスタイリッシュに出会わなければ…。残念です。

アカメたちはきっちりボリックを斬ったようです。久しぶりに村雨の能力が発動しました。ウェイブがまさにクロメのヒーローだった。本当に主人公っぽい男です。
アカメが斬る!第20話では大臣の息子が登場するらしい。どんな展開になるのか楽しみです!

最後の羅刹四鬼も強いのかよくわからない奴だった…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク