アカメが斬る! 第21話 感想

スポンサーリンク

アカメが斬る! 第21話「絶望を斬る」感想

アカメが斬る!』第21話はナイトレイドがタツミ救出のために戦います。緊急ミッションです!

エスデス様強すぎる!時空を凍結ってどういうことだ…。マカハドマなんて反則じゃないですか。タツミを二度と逃がさないためにあみだされたエスデスの奥の手。ついでに敵を確実に倒すためでもあるようです。マカハドマは一日一回が限度とはいえ恐ろしい技です。
結局スーさんが皆を逃がすため犠牲に。別れの言葉にジーンときました。今回の目的はタツミとインクルシオの奪還とはいえ、スーさんを犠牲にするのは惜しい。ここは全員でエスデス様を倒した方が…。スーさん、アカメ、タツミで駄目ならどうにもならない気がします。本当にエスデス様だけ異常に強すぎる。
インクルシオが革命に必要なのって透明化できるからかな。透明化って相当厄介ですね。

エスデス様ってタツミを処刑するつもりなかったですよね。タツミの命の強さに賭けるとか言ってたし。処刑したと見せかけて、その後はどうするつもりだったんだろう。まぁ悪いようにはされないでしょうね。それにしてもタツミはとんでもない人に惚れられたものです。

マインもブドー大将軍との戦いの末に倒れました。辛い…。最後の時間をタツミと過ごせたのがせめてもの救いです。
実は気を失っただけで、次回ひょっこり元気な姿を見せてくれたら嬉しいんだけど。まだハッキリしてないし。ちょっとだけ希望をもって次回を待とう。

『アカメが斬る!』第22話はいよいよアカメとクロメの姉妹対決。最愛の人でも斬るしかないのかな。辛いものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク