アカメが斬る! 第23話感想 タツミの魂の叫びがアツい!

諸悪の根源オネスト大臣を斬る最終ミッションが始まった『アカメが斬る!』第23話。タツミの熱い魂の叫びが帝都に響き渡ります!

スポンサーリンク

アカメが斬る! 第23話「皇帝を斬る」感想

まさかタツミまで犠牲になってしまうとは…。最後にアツい戦いを見せてくれました。スピード感もあるし、想いをぶつけながらの戦いはいいものです。ウェイブとの共闘も嬉しい。先にオネスト大臣を斬れば、皇帝を説得できた気はするけどまぁいいです。今回の戦闘には満足です!最後までカッコよかった!タツミありがとう!

至高の帝具”シコウテイザー”。名前がダサい…。”至高”と”始皇帝”をかけてるんだろうけど。あと”思考停止”もかな?それにしてもダサい…。シコウテイザー。スーパー戦隊とかだったらカッコイイかも。まぁ”パンプキン”よりはマシだと思います。そしてシコウテイザーは大きすぎるにもほどがあります。巨大なロボをヒーローが倒すというのはベタだけど、結構好きです。エスデス様も戦って見たかったんじゃないかな。

次回の『アカメが斬る!』はアカメとエスデス様との最終対決。タツミが犠牲になったし、アカメまで犠牲になりそうで怖いです。どんな結末になるのか、次回も楽しみです!

ランは結局どうでもいいキャラだったなぁ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク