アカメが斬る!第3話感想

スポンサーリンク

アカメが斬る!第3話「蟠を斬る」感想

アカメが斬る!第3話はタツミとマインがデートするお話。

マイン可愛かった!射撃の天才です。でも接近戦は苦手っぽいです。タツミがいなかったら危なかった気がします。元師範代が剣士に抑えられるのはどうかと思いますが。きっとタツミが強いんですね!あのポカポカパンチもすごい威力だったに違いない。

マインの武器は銃型の帝具「パンプキン」ピンチになるほど破壊力が増すというカッコイイ武器。この武器なら城を簡単に攻撃できそう。
ナイトレイドのメンバーが使ってる武器って全部帝具なのかな?タツミもそのうち帝具を手に入れるのでしょうか。

今回はようやく大臣が登場しました。いかにも悪者っぽい下衆キャラです。中途半端にいい人そうじゃなくて良かった!
ナイトレイドはすぐに大臣をターゲットにしないんですね。革命のときに倒すのかな?

「アカメが斬る!」第4話では帝具使いが相手です。今までとは違った激戦に期待です!次回が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク