アルドノア・ゼロ 第11話 感想

スポンサーリンク

アルドノア・ゼロ 第11話「ノヴォスタリスクの攻防 —Wind, Snow and Stars—」感想

「行ってください!」

エデルリッゾが運転してる姿がちょっと面白かった。この身長でもちゃんと足がとどくようです。姫様を守るために命をかけるとはさすが侍女です。エデルリッゾの最後の笑顔は、このまま車が破壊されるのかと思いました。スレインと合流するのかな?
姫様を援護したライエも、何気にロボの操縦が上手かった。ゲームで鍛えた腕は伊達じゃありません。

「上空よりカタフラクトによる戦闘降下を行います」

イナホたちはよく高度2万メートルの成層圏からピンポイントで揚陸城に上陸できましたね。さすがです。最後はデューカリオンごと突っ込んだけど、さすがに無事では済まないでしょうね。突っ込む直前に姫様の機体だけでも脱出させたのかな?
でもこのアニメは主要キャラは大丈夫なんだろうなぁ。その他は容赦なく犠牲になっていくのに…。

アルドノア・ゼロは次回が最終回かな?それとも13話まであるのでしょうか。イナホがクルーテオ卿のカタフラクトに乗ることになりそう。そしてザーツバルムを倒して終了でしょうか。スレインがこれに乗るのかと思ってたけど、やっぱり起動できないんですね。
ボーカル付きのBGMがちょっとうるさいのでボリュームを抑えてくれるとありがたいです。歌自体はカッコいいんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク