アルドノア・ゼロ 第6話 感想

スポンサーリンク

アルドノア・ゼロ 第6話「“記憶の島”―Steel Step Suite―」感想

種子島にロケットパンチロボが出現したアルドノア・ゼロ第6話
パイロットのフェミーアンはロケットパンチを眷属だと言い張る変な人。ロケットパンチ自体はめちゃくちゃ便利で強いと思います。あとこのロボは今までで一番ダサい気がする。
ロケットパンチに苦戦する戦艦ですが、イナホの活躍で迎撃に成功。正直イナホだけの活躍に飽きてきたので、マリト大尉に迎撃してほしかった。
最後のロケットパンチをイナホが撃ち落とせなかったのは逆に違和感がありました。上方向の射撃は難しいのかもしれないけど。
でもスレインの活躍が観れてよかった。スレインがイナホたちとどうかかわっていくのか楽しみです。

マグバレッジ艦長はマリト大尉のトラウマを強くしましたね。マグバレッジ艦長の本心がよくわかりません。いい人だと思うけどなぁ。

アルドノア・ゼロ第7話ではロケットパンチロボをどう攻略するのか楽しみです!そろそろマリト大尉の活躍が見たい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク