アルドノア・ゼロ 第8話 感想

スポンサーリンク

アルドノア・ゼロ 第8話「“鳥を見た日”―Then and Now―」感想

イナホに撃ち落とされたせいでクルーテオ卿に拷問を受けるスレイン。本当に不憫です。スレインが拷問に耐えてる一方で、姫様は鳥を見ながらイナホとイチャついてるのがなんとも…。

「よくぞここまで忠義を尽くした」

クルーテオ卿はやっぱりいい人でしたね。クルーテオ卿のスレインへの好感度がMAXになったことでしょう。姫様大好き同士、気が合いそうです。スレインのことを理解してくれた瞬間は、久しぶりに「アルドノア・ゼロ」を面白いと感じました。最後はあんなことになったけど、クルーテオ卿には生きててほしいです。スレインを奪還する姿が見たい!

「俺がオコジョの敵を討ってやる!」

カームは手のひらを返しちゃいましたね。オコジョ…。姫様が男だったら殴ったりしたのかな?イナホも姫様が男だったらこんなに仲良くしてないかも。美少女は得です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク