白銀の意思 アルジェヴォルン 第23話 感想 オープン回線は基本です

サモンジ隊長が戦場を縦横無尽に駆け巡る『白銀の意思 アルジェヴォルン』第23話。グレートウォールを奪還せよ!

スポンサーリンク

白銀の意思 アルジェヴォルン 第23話「反撃」感想

サモンジ隊長がほぼ一人で”不退の大門”と”グレートウォール”を攻略してしまいました。無人機部隊強すぎます。このままサモンジ隊長に任せておけばアランダスが勝っちゃうんじゃないかと思えてくるほど強い。そうなったらキベルネスがインゲルミアニに更なる新型を提供するんだろうけど。

グレートウォール奪還後、そのまま敵の追撃に向かったサモンジ隊長。もうカイエン准将の命令は聞きません。ここで一気に敵の前線部隊を潰す気なのか、それとも死ぬ気なのかわかりませんが自分勝手な人です。スズシロさんを泣かせることはやめて頂きたい。
ホルムス中佐は新型部隊を迎え撃ち自分のものにすることに。サモンジ隊長の機体を集中攻撃すればどうにかなりそうな気はします。このホルムス中佐は何か大きなこと考えてるみたいだけど、よくわかりません。

『白銀の意思 アルジェヴォルン』はタイトル的に次回が最終回っぽいです。ここまでカイエン派が膨れ上がると和平どころではなさそう。残り1話で戦争が終わるわけないし、2期はあるのかな?あるならホルムス中佐は生き残るんでしょうね。生き残ってくれ!
トキムネがアルジェボルンを取り返して、リヒトフォーヘンを倒して終わりになるのでしょうか。それとサモンジ隊長を殴る。スッキリ終わらせてほしいものです。次回も楽しみです!

トキムネとジェイミーっていつもオープン回線で話してること気付いてるのかな?爽やかカップルめ。幸せになってくれ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク