白銀の意思 アルジェヴォルン 第6話 感想

スポンサーリンク

白銀の意思 アルジェヴォルン 第6話「走れ、ジェイミー!」感想

白銀の意思 アルジェヴォルン第6話はジェイミーがアルジェボルンを再起動するために走ります。こんな面倒な機体になったのも、ジェイミーが自分を登録しちゃったからか。もう少し早くトキムネをパイロットにすることを思いつけばよかったのに!でも鍵とパイロットが別って設定は気に入ってます。せめてハッチくらい開けるようにしてほしいけど。

再起動したアルジェボルンの活躍で、作戦も成功。シルフィーとロレンツも援護したんだろうけど、アルジェボルン強すぎですね。さすがです。でも戦闘シーンがなかったのは残念。

結局アルジェボルンがシャットダウンしたのは、パイロット保護機能に全パワーを回したからでいいのかな?ジェイミーの言葉がはっきり聞こえなかったからよくわかりません。

ジェイミーの道案内、コシカワさんは不死身の兵士ですね。あの爆風を受けながらも平然と戻ってくるとは。正直ダメかと思いました。ジェイミーが責任を感じて役目を果たすのか思ったけど、普通に戻ってきてびっくりしました。ジェイミーのトラウマにならなくてよかった。あと、コシカワさんは道案内なのに姿が見えなくなったので、ジェイミーが迷子になったのかと心配しました。民間人なんだからもう少し手を貸してあげても良かったかも。

白銀の意思アルジェヴォルン第6話ではトキムネとジェイミーがお互い素直になって良い雰囲気でしたね。いや、トキムネはずっと素直でしたね。かみ合ってなかっただけで。この二人は仲良くしててほしいものです。
トキムネがお礼行った時、ジェイミーも命を救ってくれたお礼を言うかと思ったけどそれはなかった。トキムネが「初めて自分が死ぬかもしれないって思った」って言ってたけど、今まで思ってなかったようです。目の前の人を救うこと以外考えてなかったのかも。閉じ込められて、爆音が聞こえてくるのは怖かったでしょうね。

今回はジェイミーが前面に出てきて可愛かった!第八部隊はまたどこかに飛ばされるらしいけど、次回予告では私服着てたし休息なのかな?それとも潜入任務でしょうか。次回が楽しみです!

【白銀の意思アルジェヴォルン 感想】
第1話 「遭遇」
第2話 「目覚め」
第3話 「ワンマン・アーミー」
第4話 「帰還」
第5話 「奇襲」
第6話 「走れ、ジェイミー!」
第7話 「陸繋島(ベルハルス)」
第8話 「再戦」
第9話 「約束」
第10話 「不在の果て」

スポンサーリンク
スポンサーリンク