ブラック・ブレット 第12話 感想

スポンサーリンク

ブラック・ブレット 第12話「クライシス・ポイント」感想

ブラック・ブレット12話は、翠がいなくなりました。辛い…。

プレアデス討伐に向かう蓮太郎。影胤との共闘はやっぱりいいですね!一撃で倒したのは物足りないけど。プレアデスは意外と弱かったです。もっととんでもない奴を想像してたのに!蓮太郎一人でもどうにかできた気がします。小比奈が蓮太郎を助けてくれたのはホッコリしました。小比奈いい子です。

プレアデスを倒したことで戦闘機が使用可能に。でもアルデバランは再生能力があるので倒せません。再生早すぎます。

ガドウ団長がいなくなり、蓮太郎が民警部隊の団長になることに。ガドウの服着てたけどあんまり似合ってません。制服の上から着てるからかな?
集団の輪を乱す奴は排除するという強い姿勢です。ガストレア討伐のためにわざと嫌われ者になるとは。もともと嫌われてたっぽいけど。
ガドウを失った朝霧は、彰磨と組むことに。朝霧可愛いです。彰磨は天童流にアレンジを加え、相手を内部から破壊する技を編み出したようです。さすがです。

戦術顧問として未織がやってきました。アルデバランを倒すにはEP爆弾を体の内部で爆発させなければいけないそうです。蓮太郎がアルデバランに穴をあけてEP爆弾を投入することに。蓮太郎の攻撃は戦車砲よりも強力だそうです。そんな攻撃を影胤やティナは受けたのか。しかも無事なんてタフです。
最終決戦の場所は「回帰の炎」に決定。学校の皆のことを思い出す延珠ですが、蓮太郎の言葉でなんとか立ち直ります。
いつのまにか影胤と小比奈も蓮太郎のアジュバントに加わり、いよいよ最終決戦です。作戦に必要なバッテリーは、ティナ編で登場したメガネが捨ててました。東京エリア壊滅の危機に何やってるんだ。

ブラック・ブレットは次回が最終回。どんな結末になるのか楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク