ブレイドアンドソウル 第12話 感想

スポンサーリンク

ブレイドアンドソウル 第12話「魂」感想

ブレイドアンドソウル12話は、ジン・ヴァレルとの結着。

突然現れたジン・ヴァレルですが、アルカは戦うことが出来ません。カレンは戦えといいますが、アルカがこんな状態になったのはあなたのせいです。

アルカが戦えないので、ハズキ、ロアナ様、カレンの3人で戦うことに。ジン・ヴァレルは銃弾くらっても再生する能力があるようです。ロアナ様は娯楽党の2人を逃がしてやる優しい人。かっこつけることも許してくれません。
3人がかりで攻撃してもジン・ヴァレルは倒せません。バトルシーンは結構よかった。ハズキまで至近距離で戦ってたのは、銃弾がロアナ様とカレンに当たらないようにかな?

3人がピンチになったところで、ようやくアルカが戦ってくれます。「私が守る」なんてセリフを言うとは、アルカも変わりましたね。カレンが言うには、アルカは普通の人間になったから力使えないそうです。どういうことなのかよくわかりません。
アルカとジン・ヴァレルは戦いながらピョンピョン山を登っていきます。基本的に無口な2人なのでほとんど叫び声ばっかりです。
ジン・ヴァレルがホン師匠を殺したのは定めだからだそうです。昔のアルカと同じですね。

濁気をくらったアルカですが、突然覚醒して光り始めます。眩しいです。「復讐の時間」によると、アゲハの力は濁気を一回浴びないといけないらしいです。
ジン・ヴァレルにとどめを刺すことが出来ないアルカ。これからは自分の意志で生きろってことかな。ジン・ヴァレルはユ・ランに操られてたみたいだし、自由に暮らしてほしいものです。アルカみたいに変われるといいですね。
戦いの後は、何故かアルカの痣が消えました。意味がわかりません。

ジン・ヴァレルとの結着をつけたアルカは、これまで関わってきた人たちのお墓に花を供える旅に出かけたようです。
行商人は何故か落ちぶれてました。アルカはケープのお金をようやく払いましたね。最後のアルカの笑顔は可愛かったです!

ユ・ランが何をしたかったのか最後までよくわかりませんでした。ガ・ガンテはいい人だった!最後ちょっとかっこよかったし。ジン・ヴァレルについてはもう少し掘り下げてほしかったな。
全体的によくわからない内容でしたが、アルカは確実に成長しました。あんな可愛い笑顔を見ることが出来て満足です。

ブレイドアンドソウルは来週もあるようです。とりあえずいい感じに終わったと思ったのに!復讐の時間は最後のお題って言ってたから、来週が最終回かな?最終回はギャグ回でしょうか。何があるのかわかりませんが楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク