美男高校地球防衛部LOVE!第6話感想 強羅あんちゃん…

スポンサーリンク

美男高校地球防衛部LOVE!第6話「愛は背中で語るもの」感想

黒玉湯って温泉だったのか。ずっと銭湯だと思ってました。そういえばオープニングでも”温泉”って歌ってますね。強羅あんちゃんが薪割りしてるから惑わされました。有基君を静かに見守る渋いお兄さんってイメージだったのに、なんか残念な人でした。でも仲のいい姉弟でホッコリします。

今回の”美男高校地球防衛部LOVE!”は鳴子君と蔵王君の友情話。この2年生コンビ優遇されてる気がします。『金は裏切りませんから』『お前は裏切るのかよ』の流れにグッときました。なにやらBGMもカッコよかったし。生徒会は鳴子君の勧誘にいくら提示したんですかね。

バトルラヴァーズは5人揃わなくても変身できてちょっと驚きました。有基くん以外のバトラヴァが活躍するのって今回が初めてですかね。サルファーのパンチ強かった。というか蔵王君のピンチに誰も助けてくれる気配ない。冷静に解説を行う人たちです。鬼怒川先輩と湯布院先輩が戦ってくれる日は来るのかな。

バトルラヴァーズとカエルラ・アダマスの初めての接触もあったし、そろそろ鬼怒川先輩と草津会長の話をやってくれるのかな。湯布院先輩に奪われた感じなんですかね。男の嫉妬は恐ろしい。次回の美男高校地球防衛部LOVE!も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク