キャプテン・アース 第10話 感想

スポンサーリンク

キャプテン・アース 第10話「風の星で」感想

キャプテン・アース第10話はテッペイ専用ロボット「ネビュラエンジン」が登場しました!アースエンジンよりも顔が凶悪です。青い機体もかっこいいけど、個人的にはアースエンジンの方が好きです。強力そうなビームと、シールドが使えるようです。ビームサーベルのようにも使えます。なんかテッペイめちゃくちゃ強いです。ダイチの立場が…
テッペイもようやく役に立つことが出来て良かったですね。もう一人で悩まなくて済みます。

今回は新たにリンが登場。キルトガング「リーバン」のアバターだそうです。バイク乗りで風が大好きらしい。風が好きならダイチと仲良くなれるのかなぁと思ってたけど、違いました。
アマラのキスで覚醒したリン。キスってモコの特殊能力じゃなかったのか。ハナもダイチとキスしたそうだったけど、もしかしてキスしたら新しい力が覚醒するのかな?それにしてもハナ可愛かった!

水族館で出会うダイチとリンは分かり合えないようです。結構煽ってくるリンですが、ダイチは冷静ですね。アマラに対しても冷静だし、この主人公はメンタル強いです!ウジウジしません。あと、生身での戦闘能力も高い!めちゃくちゃいい動きです。鋭いキックがかっこよかった!

バトルは水中戦!相変わらず発射までに1分以上かかってます。風が大好きなリンなので、飛行タイプかなと思ってたけど、水中タイプでした。アースエンジンも水中戦できたんですね。今回は制限時間内に倒すことが出来ません。
制限時間が過ぎたらその場でキルトガングに変身するんじゃなく、宇宙に出現するのか。なるほど。今までアマラとモコは3分59秒地上で待機してたんですね。ようやくわかりました。ピッツが予知できるようになったから、キルトガングになる前に戦ってたのか。

テッペイに負けたリンは「なんか気持ちのいい風みたいだった」と。その言葉にモコも少し反応してました。モコかリンが味方になったりするのかな?
最後にセツナも登場。ピンク色のピッツっぽいのもいます。ハナと同じような感じの子なのかな。あと、毬村先生も気になります。

11話ではハナとセツナが接触するようです。残りのデザイナーズチャイルドも2人で、登場人物も揃ってきましたね。次回が楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク