キャプテン・アース 第13話 感想

スポンサーリンク

キャプテン・アース 第13話「バクの町」感想

麻野田組がキャプテン・アースの新たな勢力として登場したと思ってましたが、なんでもなかったです。マグス号事件で麻野田組は全滅したけど、バクの能力で生き返らせていました。本当はクミコさんだけ生き返らせたかったけど、そんな器用なことはできないようです。それでもかなりすごい能力です。

遊星歯車装置として覚醒したバクは、「爆裂獣?」に乗ってアースエンジンと戦います。変な名前です。バクの強さは何かを守りたいという強さだったけど、クミコさんがいなくなったことでヤケクソになったようです。それでも結構強かったけど。覚醒しても性格が変わらなくてよかったです。
ダイチもなんだかんだで強いですね。
アマラはゴング鳴らしたり実況したり、一人でノリノリでした。12話でもリングに上がったし、アマラって目立ちたがり屋なのでしょうか。

バクのエピソードは1話で終わらせても良かったと思いますが、2話使ったってことは味方になる可能性があるのかな?モコ、セツナ、バクの誰かが味方になってくれる気がするけどどうなんだろう。

そしてキャプテン・アースは後半戦。次回はハナのエピソード。そういえばハナのエピソードなかったですね。種子島にも戻るようだし、話が進んでいきそうです!キャプテン・アース14話が楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク