キャプテン・アース第16話感想

スポンサーリンク

キャプテン・アース 第16話「フレアの閃光」『Be brave.』感想

キャプテン・アース16話はハナ専用機「フレアエンジン」が登場!赤いです。個人的にはアースエンジンが一番カッコイイと思います。
ハナは射撃の腕がテッペイよりも上らしい。ダイチの立場が…。予知能力もあるみたいだし、ハナ強いです。時々ハナの声が凛々しくなるから、普段猫かぶってるんじゃないかと疑ってしまいます。
フレアエンジンは砲撃タイプっぽいです。ネビュラエンジンはバリア使えるし、アースエンジンって何が出来るんだろう。
アイアタルとの戦闘は太陽フレアが無かったら危なかったですね。余裕って感じではなかったです。それにしてもキルトガングって毎回1撃で倒されてる気がします。守備力弱いのかな?

アマラが「アイアタルでも駄目なら、何か戦略を考える必要がある」って言ってたけど、今まで何も考えずに攻撃してたのか。全員同時に攻めれば簡単に勝てるだろうけど、それしたらこのアニメが終わりますね。
今回初めてテッペイ以外の遊星歯車装置が全員そろいましたね。なんかかっこよかったです。セツナとバクは少し迷ってるみたいですね。やっぱりどちらかが味方になるのかな?

パックはアマラ達のことも利用してるようです。パックって何者なのかな?目的がよくわかりません。でもヒトミちゃんはメロメロです。
箱舟派も行動を始めたようですね。オペレーションサマーも近づいてるし、終盤になってきた感じがします。

個人的にキャプテンアースは2話がピークでだんだん微妙になってきたけど、ここ数話で面白くなってきました。ダイチのキャラは結構好きだしもっと活躍してほしいです!
次回は2対2の戦闘が行われるようです。やっぱり宇宙での戦闘はかっこいいですね。時間制限もないし。ダイチも久しぶりの宇宙での戦闘です。前はほとんど訓練してない状態だったけど、次はちゃんと闘えるはず!
キャプテン・アース第17話が楽しみです。へそフォルテ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク