キャプテン・アース第17話感想

スポンサーリンク

キャプテン・アース第17話「真夏の騎士たち」『Anchored determination.』感想

キャプテン・アース第17話は初めてアースエンジンとネビュラエンジンが同時出撃しました!ロケット2機連続発射を期待したけど、テッペイは飛行機だった。合体シーンは画面分割で良かったけど、初めてだからしょうがないか。でもちょっと長い。合体方法にもう少し違いがあればいいのに。
ダイチは接近戦に持ち込まないと戦えませんね。そもそもキルトガングと機体性能に差があるけど。

ソルティドッグは本当に余計なことしてくれました!ケルベロスが役に立たないどころか、乗っ取られてしまうなんて…。無人インパクターは乗っ取られるから駄目だという事がわかりました。

そして相変わらずアカリは凄すぎます。機械生命体を相手にあれをやっちゃうのはさすがにずるい気が。キルトガングにとってアカリが一番の脅威かも。

キルトガングも今回の敗戦で総攻撃の必要を考え始めましたね。今更だけど。エゴブロック破壊できないって無敵ですね。説得でどうにかするのかな?

キャプテン・アース第18話はソルティドッグとの戦い。なんでソルティドッグはちょっかい出してくるんだろう。箱舟派は迎撃派が戦ってるうちに脱出の準備を進めてればいいのに。脱出計画はマクベス社が関わってるみたいだから、箱舟派のボスはパックかな?パックは秘書に裏切られて破滅しそう…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク