キャプテン・アース 第22話 感想

スポンサーリンク

キャプテン・アース 第22話「発動オペレーションサマー」『Her lie.』感想

いよいよオペレーションサマーが開始されたキャプテン・アース第22話。敬礼シーンはやっぱり熱いものがあります。ソルティーは相変わらず邪魔です。攻めてくるならもっと強いやつで来ればいいのに!広末もちゃっかりキヴォトスに乗ってたりしないのかな?

「一緒にリンゴ飴食べようね」

サブタイトルの『Her lie.』が不穏です。ハナは何を隠してるんだろう。オーベロン破壊したらハナも消滅するとかでしょうか。ハナもだけど、なんだかダイチも犠牲になりそうで怖いです。
今回のハナは可愛らしい声に戻りましたね。あの凛々しい声を聞いた後では猫かぶってるんじゃないかと疑ってしまいます。
テッペイは久しぶりに「ダイチ」って名前で呼んでくれた気がします。「ダイチは本当のキャプテンになったんだなって」とか言ってたけど、今までどう思ってたのかな?

「一緒にやったクレープ屋さん、結構楽しかったよね」

最後はキルトガングもテッペイと同じように地球人として生きていくことになるのでしょうか。なんでキルトガングってまだ戦うんだろう。ハナがライブラスターを撃てるようになったから仲良くすればいいのに。ダイチとテッペイもいるし。地球人と姫様、元キルトガングの三つのリビドーが味わえますよ!

キャプテン・アース第23話は「真夏の夜の夢」。久しぶりにリコーダー少女が登場するみたいです。キルトガングと共存してる世界の夢でも見るのでしょうか。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク