棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第1話 感想

スポンサーリンク

棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第1話「遺体あつめる皇女」感想

今季一番楽しみにしてた棺姫のチャイカ2期。相変わらず戦闘シーンがカッコイイ。チャイカの声が変わってないか少し不安だったけど問題ありませんでした。特に1期を振り返ることもなく、普通に続きをやってくれて良かった。

「こう見えても私は英雄と呼ばれていたのよ」

クローディアさん超強かった!たぶん今までで一番強い。魔法詠唱も早いだけでなく、トールとアカリの攻撃に反応できる身体能力まである。動けるウィザードはカッコイイです。しかもお金持ちで性格までいい完璧さ。さすがに八英雄の一人です。心臓を所持してるって事は八英雄の中でもランクが高そう。
チャイカはクローディアさんのところでしばらく修行するといい。ガズ皇帝の遺体は他のチャイカが集めてくれるだろうし、すでに白チャイカが遺体の大部分を所持してるからそのうち相手から来てくれるはず。でも遺体を魔力源にされたら厄介だからそれはダメかな。

「トールが私と契約してドラグーンキャバリアになっちゃえば簡単に勝てるんじゃない」

フレドリカが協力してくれたら本当に簡単に勝てそうです。チャイカが3対1の約束を守るために断ったけど、チャイカかアカリを外せば問題ないのに。トールはドラグーンキャバリアになるの拒んでるみたいなのは、契約したらなにかまずいからなのかな?

「キミは半分しかチャイカになれなかったんだね」

半分チャイカになってしまったヴィヴィ。半分ってどういうこと?眉毛?ヴィヴィは頭にリボン付けてくれないと誰だかよくわかりません。
ガズ皇帝はチャイカを使って何するつもりなんだろう。遺体集まったら復活出来たりするのでしょうか。あと、ガズ皇帝がイメージと違う人で驚きました。もう少しバケモノじみた感じかと思ってました。

次回はどうやってクローディアさんと戦うのか期待です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク