棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第9話 感想

スポンサーリンク

棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE 第9話「戦まねく玉座」感想

ガズ皇帝の遺体がすべて集まった『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』。遺体集めの真の目的が明らかに。

とうとうガズ皇帝復活です。軽く航天要塞を消滅させられる圧倒的な強さ。詠唱が短い!ガンドなしでもハルトゲン倒せます!結局何もすることなく終わったハルトゲン。強いのかどうかすらわからなかった…。やっぱり八英雄最強はクローディアさんですね。

ガズ皇帝は世界中の思念を未来永劫集めることができればそれでいいらしい。戦争はそれを効率よく集めるための手段。八英雄に討たれたのは死の恐怖という強い思念を自分に植え付けるため。ぶっ飛んでます。この人でも死の恐怖というのはちゃんとあるんですね。討たれた時の表情は恐怖ではなかったきがするけど。

チャイカは娘ではないどころか、「術式」と人間扱いすらしてもらえない。ガズ皇帝を弔うために遺体を集めてたのに。残酷です。

次回は最終回。あと一話でチャイカを立ち直らせて、ガズ皇帝を倒すことができるのか。全員で強力しても倒せる気がしません。倒せるならニーヴァ・ラーダが白チャイカに寝返るくらいしか。あと、トールのドラグーンキャバリアとやらかな。なんにせよ、共闘というのはワクワクします!
「棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE」どんな結末が待っているのか楽しみです!

フレドリカは弱ってるのに脱皮のシーンで笑ってしまいました。ごめんなさい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク