クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第4話 感想

スポンサーリンク

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第4話「ひとりぼっちの反逆」感想

アンジュがますます孤立を深めるクロスアンジュ天使と竜の輪舞第4話。随分たくましくなったものです。

味方の獲物まで横取りしながら戦果を積み上げるアンジュ。全く協調性がありません。もうアンジュ一人に攻撃させてみんなで援護するフォーメーションにすればいいのに。

監察官殿にカッコイイポーズを決められるようになったアンジュ。ノーマのことは未だに虫扱い。嫌がらせを受けてるアンジュに同情できないのが困ったところです。嫌がらせの方法が陰湿だけど。ただヴィルキスに細工したのはやりすぎ。あれは整備班が気づいて欲しいな。

ヴィヴィアンのキーホルダーは可哀そうだった。アンジュ最低です。でもキーホルダー貰ってたらヴィヴィアンに悲劇が起こりそうなので逆に安心。イジメっ子3人以外は結構いい人たちなんですよね。

次回は男が登場。そろそろ嫌がらせにも飽きてきたので新しい展開に期待です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク