大図書館の羊飼い 第12話(最終回) 感想 羊飼いさんありがとう

ミナフェス本番がやってきた『大図書館の羊飼い』最終回。思ってた以上に多岐川さんが酷い人だった。

スポンサーリンク

大図書館の羊飼い 第12話(最終回)「大図書館の羊飼い」感想

筧君は羊飼いになれなかった。逆に小太刀さんが羊飼いに。ナナイさんは筧君に羊飼いにいなってほしくなかったのかな?あまり周りと関わってこなかった筧君に仲間の大切さを教えようとしてくれたのかも。よくわからないけど。

多岐川に余計なこと吹き込んだのナナイさんだったのか。危ないことをなさる人です。筧君が失敗したらとんでもないことになってました。ネジをゆるめる前に止めれば問題なかった気はしますが。ナナイさんはどこまでお見通しでやってたんだろう。

それにしても多岐川さんはやりすぎです。さすがに駄目。いくら図書部が気に入らなくても限度があるでしょう。皆の前で大恥をかいたので、心を入れ替えてくれるといいですね。望月会長も怒ってたけど、あの写真をあげれば許してくれることでしょう。

OBの皆さんは気の毒です。人が集まらなかっただけでなく、途中でぶち壊されるなんて…。

最終回は高峰にも活躍の機会が回ってきました。変なアドリブをやっちゃっただけだけど。あれ佳奈すけ脚本の大事な場面だっただろうに…。劇とはいえ自分の心に嘘はつけなかったのか。

ミナフェスは大成功!御園さんの歌は対して印象に残ってないけど大成功!白崎さんも立派にスピーチをやり遂げました。恥ずかしがりやだったのに成長したものです。

これで『大図書館の羊飼い』は終了。何もかも上手くいった感じの締めくくり。高峰や玉藻さんの話も観たかったなぁとは思いますが、全体的に十分楽しめました。個人的には白崎さんが一番かわいいと思います!『大図書館の羊飼い』3か月間ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク