大図書館の羊飼い 第8話 感想

スポンサーリンク

大図書館の羊飼い 第8話「魔法の本」感想

大図書館の羊飼い』第8話は佳奈すけのお話。お餅みたいな佳奈すけの顔が可愛らしい。女子グループは怖いです。

佳奈すけは本当の自分を隠して道化を演じていたらしい。本当は真面目で臆病な性格っぽいです。まぁ本当の自分なんて隠してても悪い事ではないですよね。御園千莉なんて結構黒そうだし。佳奈すけには無理せず楽しんで欲しいものです。
佳奈すけが筧君に過去を語るときの演出はシンプルでわかりやすかった。それに対して芝居じみた感じで応えた筧君はさすがです。大量の本を読んでるだけあって、かっこいい事言えます。最後はナンダコレってなったけど、いい話でした。筧君のキャラが一番わかりません。

今回は白崎さんがヒロインなんだぁと改めて思いました。なんか白崎さんはヒロインヒロインしてるんですよね。毒がない。すごくホッとします。影は薄いけど。なんでこんなに出番が少ないんだ…。

次回の『大図書館の羊飼い』はようやく御園さんのお話。放送部の人との間に何があったのか気になります。高峰のお話はないのかな?男の友情を観てみたい。次回も楽しみです!

玉藻さんがすっかり恋する乙女になって可愛らしい。いつからあの生け垣に待機してたんだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク