城下町のダンデライオン 1話 感想

スポンサーリンク

「櫻田王家の9人きょうだい」

平和な感じで結構おもしろかった城下町のダンデライオン。お金持ちの子沢山ファミリーなんて珍しいなと思ってたら王家か。幸せそうな家族でなによりです。最終回までに9人兄弟全員の名前を憶えられるか不安です。

王様の子どもたちへの監視体制は凄いですね。でも一人一人にボディーガードつける方が安上がりで安全なんじゃないかなぁ。

櫻田家の子どもたち

長女・葵(インビジブルワーク)

一度覚えたことは決して忘れない羨ましい能力。他の子の能力に比べると若干地味。葵様が国王になるのが一番平和な気がします。

長男・修(トランスポーター)

なぜか世論調査で最下位の修様。7、8、9位を男が独占しているところをみると男の票ばっかりなのかな。ちょっと怖い町です。

次女・葵(ヘブンズゲート)

あると便利だけどなくてもいい能力。お金持ちじゃないと好きに使えません。葵様が一番かわいい。

三女・茜(グラビティコア)

ズボン履けばいいのに!ひったくり犯を追う時にちゃんと青信号になるのを待ってたのは偉いです。

次男・遥(ロッツオブネクスト)

役に立つのかよくわからない能力。ちゃっかりぬいぐるみをゲットするズルい男です。

四女・岬(オールフォーワン)

全然印象に残らなかったなぁ…。

五女・光(ゴッドハンド)

生命の成長を操るって神さまか。

三男・輝(リミットオーバー)

怪力。

六女・栞(ソウルメイト)

可愛い。

城下町のダンデライオンは面白かったけどちょっと長く感じたのが不安です。どうなることやら。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク