デスパレード第10話感想 デキムさん元気出して!

スポンサーリンク

デスパレード第10話「ストーリー・テラー」感想

何も救いがなかった前回と打って変わって穏やかな雰囲気のデスパレード10話。やはり人生経験豊富な上村のおばあちゃんは違います。ババヌキもやたら強い!素敵な人でした。

デキムさんは少し吹っ切れましたね。裁定方法に疑問を抱いたタイミングでいいおばあちゃんに巡り会えたものです。どうせならしばらく滞在してもらって人間のことを教えてもらえば良かったのに。黒髪の女(知幸)より絶対役に立ちます。

今回は記憶無しで裁定したけど、やっぱり記憶は必要かな。記憶無し、極限状態にも追い込まないならちゃんと裁定できないと思う。お客様が自分で記憶を取り戻してボロを出してくれないと虚無送りにはできないんじゃないかな。でもデス・セブンダーツみたいに痛みを伴うゲームなら違うか。よくわかりません。

いよいよデスパレードも終盤。デキムさん、ノーナさん、花咲か爺さん、ギンティとそれぞれ思惑が違いそうですね。それにしても花咲か爺さん怖い。なにあのサイコメトリーなヒゲ。ホラーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク