デスパレード第7話感想 デキムさんのモグモグが可愛い

スポンサーリンク

デスパレード第7話「アルコール・ポイズン」感想

デキムさんの人形作りに懸ける想いにグッときました。覚えてないのは残念だけど。サンドウィッチを食べる姿が可愛らしかった。

ノーナさんはデキムさん人間の感情を植え付けたいらしい。デキムさんが人間に対して興味を示してたのは元々そう作られたからかな?それともイレギュラーだったからこの計画を思いついたのか。薄々計画に感付いてそうな花坂爺さんが不気味です。というかノーナさん可愛いなぁ。顔のラインが美しいです。

『裁定者は感情を知ることができない』って感情がないって意味ではないんですね。ギンティなんてかなり感情的だし。他人の感情を知ることができないってことですか。下手に感情知ったら演技に騙されるかもしれませんからね。難しい。

ギンティはマユを裁定できなかったようです。裁定も一緒にやってるようで。もしかしたらデキムさんよりもギンティの方が先に人間の感情を知るかもしれませんね。仲良くなってほしいものです。

デスパレードはようやく登場人物が全員登場したみたいです。黒髪の女も自分が死んだことを思い出しました。ストーリーもなにやら動いてきたようだし、次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク