曇天に笑う 第2話 感想

スポンサーリンク

曇天に笑う 第2話「殺人鬼、曇天に嘲う」感想

指名手配中の殺人鬼・嘉神直人と戦うことになった曇天に笑う第2話。新キャラも続々登場です。
この作品、主人公が弱い…。嘉神直人に全く歯が立ちません。そんな嘉神を圧倒するなんて天火強すぎます!兄妹なのにここまで力の差があるとは。あと、バトルシーンが若干盛り上がりに欠けます。

天火達が探してるらしい大蛇の器というのはやっぱり空丸のことでしょうか。弱いのに何も特性がないのはさすがに可哀そうだし。空丸の過去が気になります。
大蛇の器を巡って曇神社と右大臣直属部隊・犲が動き出しました。「護る」と「壊す」で意見が分かれてるみたいだけど、別に対立してるってわけでもなさそうです。大蛇の器を探してる勢力が他にもあるのかな?
これからどうなっていくのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク