グラスリップ 第10話 感想

スポンサーリンク

グラスリップ 第10話「ジョナサン」感想

なにやら話をいい感じにまとめ始めたグラスリップ第10話。なんだこれ…。上手い具合に3カップル誕生しそうです。とりあえず沖倉夫妻にはホッコリしました。

「私、透子ちゃんが好き。祐君が好き」

幸の「月が綺麗」は透子と祐に向けた告白だったようです。祐に対しては傷つけてしまった罪悪感から言ってるんじゃないかと疑ってしまいます。それか、透子が真面目に返事をしないように冗談っぽくしたかったのかも。幸のことはよくわかりません。
先週はあんな感じで終わったから透子がどんな返事をするんだろうと期待してたのに、軽い感じになって残念です。
あと祐は本読んでないで勉強した方が…。

「海沿いの道さぁ…風が気持ちよくて、少し回復するだろう」

雪哉とやなぎがいい雰囲気になりました。何故だ。駆を共通の敵にすることで心が通じたのでしょうか。2人が仲がいい事は喜ばしいです。この2人が仲良しグループをバラバラにしたようなものだから、また皆で仲良くできるといいですね。

唐突な当たり前の孤独

駆はなんでいきなりキスしちゃったんだろう。積極的すぎる!さすがに駄目でしょう。でも透子の発言は駆を誘ってるようにも聞こえます。わざわざキスのことを言わなくても良かった気がするけど。結局美術準備室には入らないのかな?

ヒナちゃんが貰った赤い服はやっぱり微妙です。深見パパは「ヒナ、その服で…」で遮られたけど、「外を出歩くな」みたいなことを言いたかったのでしょうか。

【グラスリップ 感想】
第1話 「花火」
第2話 「ベンチ」
第3話 「ポリタンク」
第4話 「坂道」
第5話 「日乃出橋」
第6話 「パンチ」
第7話 「自転車」
第8話 「雪」
第9話 「月」
第10話 「ジョナサン」
第11話 「ピアノ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク