グラスリップ 第8話 感想

スポンサーリンク

グラスリップ 第8話「雪」感想

透子が壊れ始めたグラスリップ第8話。なんか能力が暴走してるようです。グラスリップは話が進むにつれどんどんよくわからない方向に向かってる気がします。

「私、ジョナサンに会いたいかな」「いい考えだ」

駆と透子ってよく普通に会話できますね。駆は会話をかなり先回りしてる感じだし、透子は脱線しすぎだし。高度な会話のキャッチボールです。
透子が駆の前で雪哉の話ばかりするのはデリカシーがないと思う。駆が美術準備室に行こうとしたのは雪哉に嫉妬したからかな?

一人山登りを始めた祐

大好きな幸に裏切られて意気消沈の祐。気分転換のためか一人で山登り。可哀そうに。
やなぎは幸が透子のこと好きって気づいたようです。なんであの会話の流れで気づくんだろう。幸が男だったらわかるけど。

「アタシに似合わず思わず昂っちゃって」

前回の陽菜ちゃんは昂ってたらしいです。さすがイケメン雪哉。弱った姿は母性本能をくすぐるのでしょうか。今回は黙って合宿に行ったことで皆を心配させちゃいました。雪哉って長距離っぽい練習ばっかりやってるけど、短距離の選手じゃなかったのかな?

グラスリップ第8話は「月」。どんな展開になるのかもうわかりません。駆が母親と一緒に引っ越しそうな雰囲気はあります。次回も楽しみです!

【グラスリップ 感想】
第1話 「花火」
第2話 「ベンチ」
第3話 「ポリタンク」
第4話 「坂道」
第5話 「日乃出橋」
第6話 「パンチ」
第7話 「自転車」
第8話 「雪」
第9話 「月」
第10話 「ジョナサン」
第11話 「ピアノ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク