極黒のブリュンヒルデ 第9話 感想

スポンサーリンク

極黒のブリュンヒルデ 第9話「模造の記憶」感想

極黒のブリュンヒルデ 第9話は奈波のエピソード。

奈波は可愛くていい子だけど、ちょっとおかしな子です。
独特の絵心もあります。
あと露出狂っぽいです。
相手の目を見て、記憶を読んだり書き換えたりできるそうです。
髯の生えた5歳児を生み出すなどとんでもない能力です。
周りの人間の記憶を操作して、サングラスの男を撃退。
すごい能力。
この能力があれば何でもできそう!
こんなすごい能力だけど、村上には効かないらしい。
村上は赤ちゃんプレイもできる有能な主人公です。

奈波は1日だけ魔法を使わず、普通の女の子として過ごすことを決意。
チェックアウトの時魔法使ってたけど、それはノーカウントらしい。
お金をもらうために、お城の前であんなことするとは。
もう魔法使っちゃえばいいのに。
せっかくゲットした1000円も子どもに上げてしまうし、奈波いい子です。

村上たちのサングラス姿は面白かった。
小鳥はなんであのサングラスをチョイスしたんだろう。
みんな真面目にやってるんだろうけど、面白かった。
寧子が奈波を説得しようとしますが、記憶を操作されてしまいます。
「私の友達を悪く言わないで」とか言ってたけど、寧子が奈波を友達って本気で思ってたから言ったのか、奈波が無意識の内にそういうふうに記憶させたのかどっちだろう。

エンディングでは奈波出てこないけど、味方にならないのかな?
いい子だから助かってほしいな。
甘いものをたくさん食べさせてあげたいです。
奈波は色々切なかったけど、今回も面白かった!
佳奈のセリフがなかったのは残念。
10話も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク