グリザイアの果実 第7話 感想

スポンサーリンク

グリザイアの果実 第7話「幸せの手紙」感想

みちるのバカな発言で大変なことになった『グリザイアの果実』第7話。由美子が話の分かるキャラに。急にヒロインっぽくなりました。

『テストをなくして』というみちるのお願いを実行に移す幸。軽快なBGMで爆破計画を練ります。随分過激な方法を選んだものです。
幸の過去はキツイですね。さすがに責任を感じてしまう。ワガママを言えなくなるのも無理ありません。あと雄二に忘れられてたのは可哀そう。第1話で「ゆうくん」と呼ばれたときに気づけたかもしれないのに。まぁ無事思い出せてよかったです。雄二は高校生なのに達観した考えですね。この人は世界の名言集とか好きそうです。こんな雄二も昔は普通の子どもだったことに安心しました。

みちるはバカを演じてるみたいなこと言ってたけど、ホントにバカなんじゃないだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク