グリザイアの果実 第8話 感想

スポンサーリンク

グリザイアの果実 第8話「セカイ樹の種Ⅰ」感想

ユウジがお兄ちゃんからパパへとレベルアップした『グリザイアの果実』第8話。赤旗が出てるときは立ち入り禁止だそうです。

面白かった!こういうのが見たかった!今までは少し物足りない感じだったけど、今回は満足です。こんなに存在感なかったみちる様は初めてだけど気にしません。

マキナに7000万円で買われ、パパになった雄二。お金持ちのお小遣いはとんでもない金額です。由美子の家も相当裕福なんだろうけど、それ以上なのかな?なんて羨ましいんだ。
雄二はパパとして頑張っています。自分が師匠にしてもらったように、マキナに生きるための力を与えようとしてるのでしょうか。狙撃の訓練がどう役に立つのかわからないけど。戦闘訓練は護身になるからいいですね。マキナには雄二に頭突きを喰らわせる素早さがあります。

マキナは雄二の組織から標的にされてる模様。ようやく雄二の力が発揮されそうなので嬉しい。キアラとかいう白髪の子が狙ってくるのかな?どういう理由でマキナが狙われてるのか、雄二が守り切れるのか、『グリザイアの果実』第9話も楽しみです!

『セクハラという言葉で男を追い込むのはパワハラだ』

雄二いいこと言います。サラッとこういう返しができるなんてオシャレです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク