ハナヤマタ 第12話(最終回) 感想

スポンサーリンク

ハナヤマタ 第12話(最終回)「ハナヤマタ」感想

いよいよ花彩よさこい祭に挑むハナヤマタ最終話。ハナがいなくなったよさこい部をナルが元気づけます。最後までみんな可愛かった!

「お父さんが知らない間にナルも自分の世界を広げてるんだな…うれしいよ」

ナルのお父さんの誤解がようやく解けました。というかまだ言ってなかったのか!長い間悶々とした日々を送ってたんだろうなぁ。ナルが踊ってる姿を見てさぞ感動したことでしょう。
ナルのお母さんの顔が最後まで見れなかったのは残念です。どんな17歳か見たかったのに!

「妹さんも何かあったらいつでも呼んで」

サリーちゃん先生にいいように使われる海坊主さん。少し気の毒ですが、イキイキしてるのが救いです。ずっとビデオ撮ってたから本番前にバッテリーなくなるんじゃないかと心配したけど、海坊主さんはそんなミスはしません。さすがです。サリーちゃん先生を肩車して超興奮してる海坊主さんが可愛かった!
サリーちゃん先生が海坊主さんのことをどう思ってるのか気になります。

「誰かじゃなくて自分が頑張ればなりたい自分にちょっとだけでも近づけるんだね」

タミさんを励ませるようになるなんて、ナルは随分成長したものです。ヤヤとタミさんをよさこい部に入部させたのもナルだし、第1話から比べるとすごく前向きな子になりました。恥ずかしいセリフも似合ってます。
カメラの前でぶりっ子キャラになるタミさんがなかなか良かった。

「この時間がずっと続けばいいのに」

なんとかステージに間に合ったハナ。予想できた展開とはいえ、やっぱりいいものです。お巡りさんもナイス!でもどうせなら自転車貸してほしかった!
踊りはもう少しちゃんと観たかったなぁ。一番の見せ場のに!せめてナルのクルっとターンくらいは…。まぁ回想も大事だけど。どっちがいいのかわかりません。ステージと同時に花火を打ち上げるのは綺麗だけど、お客さんは花火が気になるんじゃないかな。
ハナパパが意外と早く到着したのにはビックリ。
ハナが日本に残ることを決めて、最後まで明るく終わってよかったです。

ハナヤマタ

ハナヤマタは見てて恥ずかしくなることも多かったけど、中学生たちが頑張る姿にグッときました。絵もずっときれいでよかった!変に吊り上がってた目もいつも間にか気にならなくなってました。
3か月間最後まで楽しむことができました。ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク