魔弾の王と戦姫 第13話(最終回) 感想 ティグルは緊張すると元気です

テナルディエ公爵との最後の決戦に挑む『魔弾の王と戦姫』最終回。ティッタが王女様相手に嫉妬します。ティグルは最後までカッコイイ主人公だった!

スポンサーリンク

魔弾の王と戦姫 第13話(最終回)「広がる世界」感想

レギン王女の戦装束、神々しいけど恥ずかしくないんですかね…。

ティグル対テナルディエ公爵は超あっさり決着。あの重装備だったら狙われるの頭くらいじゃないですか。エレンと互角以上に戦ったテナルディエ公爵がこんなに簡単にやられるなんて!弓の力すら使ってない。風を読むだけで倒してしまうとはさすがティグル。若干地味だったけど気にしません!

テナルディエ公爵もブリューヌ王国を守るために頑張ってたんですね。彼なりに。急にアルサスを襲ってしまったからこんなことになったのか。ザイアンに任せちゃったのが悪かったんでしょうね。あの下衆野郎がティグルの逆鱗に触れたばっかりに…。
テナルディエ公爵はティグルがザイアンを討ち取ったことをちゃんと怒ってた!王都で籠城戦をしなかったのは早く敵を討ちたかったからかな?冷たい父親かと思ってたけど結構マトモな人ではないか。最終話にして好感度アップです。

ブリューヌ王国の英雄となったティグルヴルムド=ヴォルン。月光の騎士リュミエールの称号まで与えられました。月光の騎士の称号を持つ者は次代の王になるっぽい。という事はティグルとレギン王女と結婚するのかな。それともその次の王か。

最終回を終えた『魔弾の王と戦姫』。面白かった。ファンタジーはやっぱりいい!こういうのは1年くらいかけてじっくりやってほしいものです。続編作ってほしいなぁ。放浪中の戦姫や大鎌女も観たい!

残念だったのは戦闘シーン。一番の見せ場のはずなのに盛り上がらない。ムオジネル軍との戦いが特に残念でした。人が多いから大変なんでしょうね。
ティグルはかなり好感の持てる主人公だった。嫌な部分が見当たらない。かっこよすぎます!他にもキャラ達も魅力あるキャラが多く楽しめました。

『魔弾の王と戦姫』3か月間ありがとうございました!『ティグルくんとヴァナディーちゅ』もリムのクマネタありがとう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク