魔弾の王と戦姫 第4話 感想 ティグルがいつの間にか大物に

ザイアン軍を破りアルサスに束の間の平穏が訪れた魔弾の王と戦姫第4話。新たな戦姫が登場。ティッタが積極的で可愛いです。

スポンサーリンク

魔弾の王と戦姫 第4話「凍漣の雪姫(ミーチェリア)」感想

ブリューヌ王国とジスタート王国は戦争してるんだと思ってたけど違うみたいですね。ブリューヌ王国の中で争いが起きていて、ジスタート王国は自国の利益になるように介入しようとしてるってことでいいのかな?イマイチ理解できてません…。エレンは国益とか関係なくティグルに付きそうです。
そしていつの間にかティグルがブリューヌ王国の第3勢力となっていました。ティグルの人柄もあるし、他の二勢力の人が嫌われてるっぽいですね。追々わかっていくでしょう。
ティグルもアサシンに狙われる立場に。数人のアサシンや蛇はエレンの風バリアだけで何とかなりそうだけど、いつでも展開してるわけではないのか。リムはティグルに借りを作ってしまいました。

今回は氷を操る戦姫リュドミラ=ルリエが登場。舌を噛みそうな名前。エレンとは仲が悪そうだけど結構いい人そうですね。どうやらこの人と戦うことになるかもしれないらしい。戦姫は一族の事情とか大変ですね。
次回、ティグルとリュドミラがどんな話をするのか楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク