モモキュンソード 第12話(最終回) 感想

スポンサーリンク

モモキュンソード 第12話(最終回) 「桃色幻想!モモキュンソード♡」感想

鬼ヶ島の崩壊が始まったモモキュンソード最終回。シリアスなのにどことなく呑気な雰囲気。皇天女様も活躍です。

「お前はお前だ」

モモキュンソードでまさか犠牲者が出るとは…。なんだかんだで生き残ってるんじゃないかと思ってたけど、出てこなかった。邪気王が皇天女さまと和解するのは見たかったものです。いろいろ滅茶苦茶なことやった邪気王だけど、鬼姫にとってはいい父親だったようです。
妖鬼は自業自得。最後のボスになるかと思いきや砕け散った。鬼姫と共闘で倒すのを期待してました。

「鬼族の姫として必ずおまえを倒す」

鬼ヶ島の落下が始まっているのに桃子と鬼姫のバトルが始まりました。鬼族の姫なんだから先に手下鬼たちを避難させましょうよ。和やかな雰囲気のバトルでした。展開では皇天女様とクシナダが限界まで頑張ってるというのに。皇天女様の活躍って初めてかな?
桃子は憑依合体しないと鬼姫に勝てなかったけど、邪気王と戦って強くなりましたね。上から目線で採点まで始めちゃいます。スピードが魅力の鬼姫にはあの大剣は合わなかったのでしょうか。

「皆さんもう一度アイドルになりませんか?」

鬼ヶ島の戦いから急に時間が飛んだので戸惑いました。天女隊の顔が全然違ったから何年も経ってるのかと思ったけど、全くの別人でした。天女隊は可愛いままで安心です。
鬼も新しい拠点を作り始めました。人間界に理解のある鬼姫がトップだから、これからは平和になりそう。
桃子と鬼姫も仲良しのままで、本当にめでたしめでたしでした。やっぱりハッピーエンドはいいものです。

モモキュンソード

モモキュンソードは露出が多かったけど結構健全な作品だったと思います。真面目回とギャグ回をはっきり分けてくれたのも良かった!シリアスになりすぎず、最後までほのぼのした感じで楽しめました。リンゴ可愛かった!3か月間ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク