俺、ツインテールになります。 第1話 感想

スポンサーリンク

俺、ツインテールになります。 第1話「地球はツインテールの星」感想

ツインテールを愛するアニメ『俺、ツインテールになります。』が始まりました。ここまで真面目にバカみたいなことやってくれると気持ちがいい!面白かった!なんだか悔しいけどテイルレッドは可愛かったです。

「予想以上のツインテール率だ」

ツインテールが大好きな総ニ。とりあえず髪を二つに結んでたらツインテールに分類してくれるようです。無意識に幼馴染の髪を掴んだり、『ツインテール部』なんて書いたり相当なものです。でも自分の「ツインテール好き」を恥じらう心はあるようです。皆の前で読み上げた先生は酷い!

「このままだと世界からツインテールが消滅してしまうんですよ」

どういうことだかよくわかりませんが、ツインテールがなくなることは総二にとっては大問題。総二だけでなく敵までツインテール好きというわけのわからない状況です。なんだか平和ですね。

「馬鹿野郎!あいつらはツインテールを狙ってるんだ!見過ごせるわけないだろう!」

ツインテールを守るため、テイルレッドになって戦う総二。くだらないけど熱いです。戦闘シーンも結構綺麗でした!

「俺、ツインテールになります。」がこんなに面白いなんて思ってませんでした。何と戦ってるのかさっぱりわからないけど、そんなことは気にしません。この調子でどんどん突き抜けてほしいです。幼馴染と会長も変身するみたいですね。ツインテールはあんまり好きではないけど、この作品を見続ければ好きになってしまうかもしれません。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク