俺、ツインテールになります。 第11話 感想 ワームギルディは憎めない

総二がツインテルエンザになった『俺、ツインテールになります。』第11話。顔を気にすることなくストーリーに集中できる!

スポンサーリンク

俺、ツインテールになります。 第11話「レッド絶体絶命」感想

ワームギルディが可愛すぎる。憎めないキャラです。スパイダギルディ配下の皆さんに愛されるのもわかる気がします。なんか倒すのが可哀そうだと思ってたら、テイルブルーが一撃で倒しちゃいました。容赦ないです。ワームギルディは強いのか弱いのかわからない奴でした。

テイルレッドは何故か弱体化。今まであまり活躍してないテイルレッドが弱くなったところで、あまり違和感はありません。ドラグギルディ戦がピークだった。テイルブルーが強すぎるから他が目立たないんですよね。そこがいい所だけど。

総二はツインテールを維持する大変さを知りました。ツインテール大好きな総二でもお手入れの仕方は知らなかったのか。
トゥアールからはバレッタを受け継ぎました。あれトゥアールのツインテール属性を秘めたエレメーラオーブだと思ってました。属性力はレッドのテイルギアに全部使っちゃたんでしたね。

会長はどんどん駄目な感じになってます。愛香でもツッコめないタイプの人だからボケっぱなし。会長にツッコんだところで喜ばせるだけで、ややこしくなる気もしますが。やっぱり聞き流すしかないんですかね。会長の属性力は奪われてもいいかも。

『俺、ツインテールになります。』は次回で最終回。スパイダギルディ改めアラクネギルディとの戦い。イマイチ気持ちが盛り上がらないのはスパイダギルディが終盤になって出てきたキャラだからでしょうか。
世界のツインテールを守りきることができるのか。トゥアールにツインテール属性が復活したりするのか。最終回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク