俺、ツインテールになります。 第2話 感想

スポンサーリンク

俺、ツインテールになります。 第2話「ツインテールな謎!?」感想

テイルギアやエレメリアンの設定が解説された「俺、ツインテールになります。」第2話。まともな人間が愛香しかいない…。タトルギルディの扱いが可哀そうでした。

「特に奴らが狙っているのは、最強と謳われるツインテール属性です」

エレメリアンは属性力を奪うためにこの世界にやってきたらしい。なぜかツインテールが最強の属性力を持つという設定。よくわからないけど、ツインテールを誰よりも愛してる総二はとっても強いようです。

「私の世界はアルティメギルによって完全に侵略されてしまいました」

この作品にも一応シリアスな場面がありました。アルティメギルに侵略されると心の潤いや希望がない世界になってしまう。意外と恐ろしい敵です。トゥアールの情報というのが超怪しいですけど。

「貴様達の想いの強さは甲乙つけがたい。次に出陣する者は戦いで決めよう!」

アルティメギルはなんてくだらない敵なんだろう…。全員真面目に馬鹿みたいなこと言ってるのがすごくいい!トゥアールの世界の人たちはこんな奴らに侵略されるなんて、さぞ無念だったでしょうね。

「決めた、今日から俺テイルレッドたんのにぃにになる!」

この世界はおかしな人達ばっかりです。テイルレッドが可愛いのは間違いないけど、敵も味方も関係なくファンがいっぱいというおかしな状況。テイルレッドの正体が総二だとわかっても受け入れてくれそうな勢い。属性力を奪われたらちょうどいい具合の世界になりそうです。
あと、テイルレッドのおかげで入学式の翌日なのにみんな仲良くなれましたね。ナイスです。

『俺、ツインテールになります。』はふざけまくってるのに全然不快に感じません。皆が真剣で全力だからでしょうか。すがすがしい。愛香がほぼ一人で突っ込まなきゃいけないので大変です。
第3話では愛香がテイルブルーになるようです。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク