俺、ツインテールになります。 第4話 感想

スポンサーリンク

俺、ツインテールになります。 第4話「激烈ツインバトル!」感想

ドラグギルディとの壮絶な戦いが繰り広げられる「俺、ツインテールになります。」第4話。巷ではツインテールが大流行です。

『己は今悟った。真のツインテール属性は共鳴し合う者だとな』

第4話にしてアルティメギルのボスっぽい奴・ドラグギルディとの対戦に。ドラグギルディも最強のツインテール属性だそうです。正々堂々とした熱い奴です。さすがツインテール属性。もう普通に仲良くすればいいのに。

『ツインテールは左右の髪を支える頭があって初めて成り立つ。俺たちは三人でツインテールズなんだ』

なんか会話についていけない…。属性力の強い者たちの会話はさっぱりわかりません。でも熱さは伝わるからいいです。
どうやらアルティメギルは意図的にテイルレッドを救世主にしているらしい。テイルレッドに憧れた世界中の人間がツインテールになるように。絶好の狩場ですね。アルティメギルがこんなことまで考えてたとは、侮ってました。さすがです。でもなんでドラグギルディがこのタイミングで現れたのかわからない。テイルレッドを一目見たかったのかな?

今回は何気に愛香も大活躍。雑魚を800体くらいまとめて消し去ります。何故か愛香の顔が安定しないのは気の毒です。可愛いのに!
第5話では遂に三人目のツインテールズが登場!予告で「三人目のツインテールズ」って言ってたから、トゥアールはカウントされてないのか…。ドラグギルディ倒しちゃったけど、まだまだ個性的な敵が沢山いそう。次回も楽しみ!

テイルレッドの声はもう少し迫力が欲しいかな。せっかくの熱いセリフだから、ツインテールへの愛を爆発させてくれると嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク