【プラスティック・メモリーズ】12話感想

スポンサーリンク

第12話「思い出が埋まってく」

相変わらずツカサとアイラがイチャイチャするプラスティックメモリーズ12話。
ターミナルサービスの皆さんイイ人ですね。コーヒーの50%オフ券しかあげられなかった課長が不憫です。本当にあれが精一杯だったんだろうなぁ。リゾートホテルのカタログだけくれたレンさんと、ツカサ達が興味なさそうな演歌歌手のディナーショーのチケットをくれたシェリーさんは困ったものです。でも苦労人のシェリーさんにも楽しめる趣味があることがわかったので安心しました。

マフィアのボスは3週にわたって登場しましたね。マフィアのボスってことで回収に時間かけたのかな。その割になにも起こらなかったなぁ…。残念です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. プラスティックメモリーズ #12 『思い出が埋まってく』

  2. プラスティック・メモリーズ BS11(6/20)#12

    第12話 想い出が埋まってく 急に一人が怖いと泣きながらツカサに抱きつくアイラ。朝食は一緒に食べる。 ミチルが映画のチケットをプレゼントする。コンスタンスがレストランのチケ…

  3. プラスティックメモリーズ 第12話

    アイラ(CV:雨宮天)の寿命が迫って来ていました。

    夜になると自分がまだ存在しているのか不安になって涙して、寝ているツカサ(CV:内匠靖明)に抱きついて行くアイラなのでした。