【プラスティック・メモリーズ】2話感想

スポンサーリンク

足を引っ張りたくないので

そうか。アイラにはあと2000時間しか残されてないのか。身体能力が衰えてるのもそのせいらしい。残念ながら現役バリバリの頃のアイラの姿は想像できないけど。足を引っ張らないように努力を重ねる姿にはグッときます。身体能力よりも交渉能力のトレーニングすればいいのにとは思いますが。そもそもあの水中トレーニングは一体何を想定してるんだろう…。アイラに車の運転させるのはちょっと怖いなぁ。

ツカサはなかなか良い奴ですね。ただツカサが交渉役になったらアイラのメインの仕事がなくなるんじゃないかな。というか人間が交渉できるならギフティアとコンビ組まなくてもいいような。停止スイッチはギフティアしか押せないみたいなのがあるのかな。

それにしてもミチルは可愛いなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. プラスティック・メモリーズ BS11(4/11)#02

    第2話 足を引っ張りたくないので SAIターミナルサービスは全国で29箇所ある。本社部長のコネ入社のツカサ。父親が知り合いらしい。 10年以上勤務する縹ヤスタカが久しぶりに出社する…

  2. 北十字星 Northern Cross より:

    プラスティックメモリーズ #02 『足を引っ張りたくないので』

    アイラのドジ娘っぷりは、仕様なのですね。

    絹島ミチルの激しい性格は、水柿ツカサに興味があるから?

    アイラの残り時間があと2000時間とは

    もうすぐ回収じゃないですか…