警視庁南平班~七人の刑事~8 感想

南部さん、大切なノートを投げ捨てちゃいかんでしょう…

警視庁南平班面白かった。犯人があれだけの下衆野郎だとスッキリします。ほんと極悪人でしたね。南部さんがちゃんと殴ってくれてよかった!

金子昇さんと金子貴俊さんが共演するのを初めてみた気がします。しかも直接対決まであるなんて。なんだか嬉しいです。金子昇さんは登場するだけで怪しく見えるのが悲しいところです。実際犯人だったし。憎たらしいいい表情してましたよ。さすがです。
増田さんは犯人じゃなくてよかった。この人が犯人だったら息子さんが浮かばれませんからね。犯人への復讐かもなぁとは疑ってしまったけど。

榊原はなんで狂言強盗に協力したんだろう。施設長をゆすりつづけるだけでもよかったはずなのに。上手いこと口車に乗せられたんでしょうか。というかあんな危険な奴をよくゆすれましたね。口封じされそうで絶対無理。それに後から気づいて狂言強盗に協力するしかなかったのかな。

月曜ゴールデンは先週に続き面白かった。夏休みという事で本気出してるんでしょうか。次回の哀川翔さんのシリーズも期待です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク