【レーカン!】2話感想

スポンサーリンク

第2話「わたしの、お友達です。」

レーカン!初回ほどではなかったど、なかなか面白かった。でもやっぱり少し長いなぁ。悲鳴もうるさいというか突然大声出されるとビックリします。

井上さんは幽霊の存在を頑なに認めませんね。もう認めるしかないと思いますが。前回遊んだ子供たちは幽霊だって教えてあげれば受け入れてくれるような気がします。井上さんはもう少し声を抑えてくれると嬉しいなぁ。

江角さんは元ヤンキーらしい。現役じゃなかったのか。まぁいい人ですよ。上原さんとも幼馴染のようで。というか上原さん、ブログに写真までアップして大丈夫なんですかね。

ゾンビ好きの小川さん。最初中間って何のことかわかりませんでした。人間よりも幽霊よりもゾンビのほうが怖いです。あの人形変な音がしてたけど何でできてるんだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク