【境界のRINNE】12話感想

スポンサーリンク

第12話「死神 鳳(あげは)」

ようやく可愛い死神・鳳(あげは)が登場した境界のRINNE12話。声が幼い感じで若干イメージと違いましたが、これはこれで可愛いです。もっと大人っぽい感じかなと想像してました。オープニングの絵でしか知らないけど。姉妹そろってちょろい子でした。鳳さんも鯖人さんに会ったらお姉さんと同じようなことになりそうだなぁ…。

子どもの幽霊が振り向いたところ結構怖かったんだけど桜さん余裕でしたね。あれが桜さん日常なのかな。すごい冷静さです。盗撮されても冷静に相手を観察するし。ただ盗撮は十文字君あたりが気づいてくれないと。謎のセールスマンも取り逃がすしいいとこナシです。

六道君と鳳さんのことを誤解してしまった桜さん。冷静な桜さんが記憶を改ざんしてしまうなんて相当ショックだったんでしょうね。意外と根に持ちそうです。

鯖人さんはまだまだ六道君からお金を貰いたいようでうすね。お金を通じてしか子供と関われない不器用なクズ親父なのかな。もっと六道君にかまってほしいのかもしれませんね。というか堕魔死神カンパニーって壊滅しなかったんですね。しぶとい会社です。

次回の境界のRINNEは姉妹の再開があるのでしょうか。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 境界のRINNE 012 『死神 鳳』

     使うと頭が良くなるシャープペンを使って保健体育が

    100点取れたリカ。なんだか。騙されている気がします。

    案の定、真宮桜と十文字翼はシャーペンに邪気を感じましたね…

  2. 境界のRINNE 第12話 『死神 鳳(あげは)』 満を持して鳳登場!…人の記憶って適当だな。

    自称婚約者かな?高橋留美子作品の恋のライバルといえばこのパターン。問題は誰がよこしたという事。りんねパパだったら最悪だな。 なんて思ってたら違いましたね。  堕魔死…