【境界のRINNE】13話感想

スポンサーリンク

第13話「くどい」

六道君が100万円をゲットした境界のRINNE13話。まさか一撃で倒してしまうとは。六道君は造花作りをやめて賞金稼ぎに専念すれば簡単にお金持ちになれそうな気がします。よほど造花が好きなのかな。

今回の六道君は気の毒でした、大好きな桜さんに指輪を拒否された挙句ただのクラスメイト呼ばわりされるなんて。ただのクラスメイトって友達より下っぽい言い方ですね。可哀そうに。記憶が改ざんされてなかったら友達くらいは言ってくれたのでしょうか。
最後に決定的な場面まで目撃される始末。また六道君が鳳を抱きしめてたとか記憶の改ざんされるのかな。運にすら見放される可哀そうな男です。桜さんはモノローグがなかったら何考えてるのかさっぱりわかりません。

次回の境界のRINNEは遊園地デート。予告の桜さんが可愛かったので期待です。新主題歌も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 境界のRINNE 013 『くどい』

    騙神カンパニーの美人司書は、死神鳳の姉だった。

    そして、死神鳳はお嬢様。

    騙神にほいほい金を渡すなんて、金銭感覚がマヒしていますね。

    真宮桜の本心は、定まっていな…

  2. 境界のRINNE 第13話 『くどい』 チョロ過ぎる鳳と鉄壁過ぎる桜。

    当事者勢揃い。堕魔死神カンパニーに行くのかと思ったら向こうから来ましたね。美人秘書改め鳳の姉と鯖人。裏切った訳じゃないの、好きになった人がたまたま堕魔死神カンパニーの…