【境界のRINNE】21話感想

スポンサーリンク

「Mの悲劇」

すぱぱぱぱぱーん

命数管理局のボーナスが消える事件が発生した境界のRINNE第21話。六道君ならもっとうまくやるという変な評価をした桜さんは素敵です。

桜さんの評価通り今回は六道君がカインから1万円もの大金をせしめました。六道君が1万円もする死神道具を使うわけがないと思ったら、まさか10円とは。ちゃっかりしてます。ほんとに死神道具って安いなぁ。カインも10円って知ったうえで貸し借りナシってことにしたのかもしれませんね。

今回のマサトはなんか雰囲気よかった。やられキャラが馴染んできたのかな。本当は六道君と仲良くしたそうなマサトでした。事件はマサトが元凶なんですけどね。なんだかんだでカインが悪いみたいになってて気の毒でした。でも一番可哀そうなのは花火屋さんです。

次回の境界のRINNEはクリスマス。ちょっと前まで夏っぽかったのにもうクリスマスか。というかもう終盤か。寂しいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 境界のRINNE 021 『Mの悲劇』

    大量の現金を見たら具合が悪くなってしまった

    六道りんねは、庶民ですね。

    まあ、盗人よりも全然まともです。

    悪魔の魔狭人でさえ、地獄では不良品をつかまされるという。…

  2. 境界のRINNE 第21話 『Mの悲劇』 メインキャラ全員集合!のミステリー回。

    あとゲストが豪華。花火屋さん:中尾隆聖。ぽろりでばいきんまんでフリーザの人ですね。この人高橋留美子作品に出てたかな…と調べても分からなかった。 まず~しさに~負けた…