【境界のRINNE】23話感想

スポンサーリンク

「狐(きつね)おとし」

十文字君って実はかなり強かったんですね。技のバリエーションも豊富。九尾の狐に完全に憑りつかれないってだけでも相当凄いことなんでしょうね。よほど桜さんに自分は六道りんねより強いってとこを見せたかったのか。可愛らしい男です。でもあんなに強いのにいつも聖灰ばかり投げてるのはなんでだろう。

今回の境界のRINNEは桜さんが「カイン」、カインが「十文字」って呼び捨てにしてることにホッコリしました。カインが名前を憶えてくれてたことが嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 境界のRINNE 023 『狐おとし』

    命数管理局で居眠りをしていた職員のお蔭で

    魂の洗浄から逃げ出した。

    それもよりによって、九尾の狐とは。

    魂子が捕まえたのに・・・。

    風邪を引いた?十文字翼におか…