【境界のRINNE】5話感想

スポンサーリンク

第5話「トイレの花子さん」

りんねが死神のカマを取り戻した境界のRINNE第5話。死神っぽい武器です。りんねって本当は強かったんですね。急にたくましくなりました。10万円が懸ってるとはいえ、りんねが5千円も支払ったのはすごい勇気です。10万円を実感した時の笑顔は今までで一番幸せそうでした。おめでとう!
ところで5千円ってどうやって払ったんだろう。桜さんに借りるかと思ったら、それはなかったし。もしものとき用に貯金してたのかな。というかあの強力な鎌が5千円って格安ですね。

十文字君はなんだかんだでいい人ですね。でもあんまり強くない。なんなんだろうあの聖書攻撃は。しかも週に一度しか使えないらしいし。体動かすの苦手なタイプなのかな。

花子さんは可愛かった。無事成仏できてよかったです。でもちょっと寂しいなぁ。もっとトイレライフをエンジョイさせてあげてもよかったのに!

境界のRINNE、次回は早速鎌が折れてたけどどうなることやら。次回も楽しみです!オープニングに出てくる鎌女はいつ出てくるんだろう。早く観たい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 北十字星 Northern Cross より:

    境界のRINNE 005 『トイレの花子さん』

    真宮桜が居る教室に手形が至る所についていて

    十文字翼の机には『怨』の赤い文字。

    これは、悪霊からの挑戦なのか?

    死神界の10万円の手配書の犯人。

    しかし、どう見…