六花の勇者 10話 感想

スポンサーリンク

「絶体絶命」

女性陣にまともな人がいない。フレミーは正直に告白したら襲ってくるし、ナッシェタニアは急に豹変するし、モーラさんは頭固いし、チャモはとりあえず戦いたがるし。男性陣は苦労するでしょうね。

それで誰が偽物の六花の勇者なんだろう。ナッシェタニアが一番怪しいんだけどあのブチギレ方はなんだ。自分が疑ってるハンスをアドレットが倒したなら問題ないんじゃないかな。急に豹変して怖いです。ナッシェタニアが本物でも偽物でもアドレットを敵認定しちゃったことは間違いない。対人戦だと刃の聖者の能力が一番強そうだから厄介です。

モーラさんはなんなんでしょうね。あんなすぐバレるような嘘ついたら次に疑われるのはフレミーじゃなくモーラさんになる気がするなぁ。本物だったら残念な人です。でも好き。アドレットの師匠のことは知ってるみたいですね。

それにしてもゴルドフは存在感ないなぁ。これで偽物ってことはないはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 六花の勇者 TokyoMX(9/09)#10

    第十話 絶体絶命 どうして私を信じるの?疑わないの?理由はない、俺と似ている。戦う道具になろうとして成れなかった。心は捨てられなかった。フレミーは心を捨てられたから、自…