六花の勇者 5話 感想

スポンサーリンク

「七人目の勇者」

神殿での出来事を正直に話したアドレットがピンチになった六花の勇者第5話。ピンチです。あのメンバーに襲われたら地上最強の男でもひとたまりもないでしょう。フレミーは加勢してくれそうな気はするけど。アドレットがどう切り抜けるのか期待です。

一番怪しいのはナッシェタニア。今思えばアドレットを一人で神殿に向かわせたも怪しい。でも怪しい行動しすぎて逆に違うような気もするし。なんなんだろう。ナッシェタニアはゴルドフが嫉妬するような行動をとるのは上手いですね。魔性の姫様です。おかげでアドレットが超敵視されてます。可哀そうに。

ハンスは頭がキレる男ですね。フレミーを救ってくれてありがとう。でもフレミーが偽物だったとしてもアドレットを殺さなかったんじゃないかな。アドレットがいないのに六花の勇者が揃ったらナッシェタニアが騒ぐだろうし。そうなったら六花殺しで有名なフレミーが一番疑われる。それよりは自分に味方してくれるアドレットを生かしておいた方がいい。
ハンスは口が上手いからか説得力があるように思えます。ハンスにかかれば誰でも容疑者にできそう。逆に疑いを晴らすこともできそう。厄介な男です。

相変わらず素敵なモーラさん。鍵の持ち主ってだけで怪しい。嘘情報も流せそうな立場だし。年齢がわからないし。
六花の勇者は誰の情報を信じていいのかわからないのが面白いですね。爆破で扉が開いたことも怪しい。砦で聞いた結界の発動方法も本当だったのかわからない。厄介な結界を作ったものですね。最初から砦の人が神殿に待機してくれてればよかったのに。

六花の勇者って最後まで推理が続くのかな。続きが気になります。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 六花の勇者 TokyoMX(8/05)#05

    第5話 七人の勇者 ハンスとアドレットは外を縦横無尽に走り回るが 結局元の場所に戻ってくる。外は閉じられた結界、脱出が不可能なことを確認した。モーラは文献を再度確認、霧幻…